しまね小中学生新聞コンクールについて

 山陰中央新報社は、島根県内の小中学生を対象に「しまね小中学生新聞コンクール」を開催しております。
 新聞づくりを通じ、言語力や思考力、表現力など学習基礎能力向上に役立ててもらうことが目的です。
 島根県の将来を担う子どもたちの豊かな発想で、家族や地域などについてまとめた、「地域とつながる新聞」の応募をお待ちしております。

<選  考>
全部門とも視点や取材力、文章力、表現力、構成力、想像力などを基準に、審査委員による予備審査、一次審査、二次(最終)審査の3段階で選考する。

<審査委員>
有馬毅一郎島根大学名誉教授を審査委員長に、県教育界や後援、協賛、共催各団体、主催者で構成する。

<表  彰>
各部門とも最優秀賞(1点)、優秀賞(1点)、優良賞(1点)、入選(17点)の20点を設け、いずれも賞状と副賞を贈ります。また、成績が優秀だった学校には学校賞(小学校5校、中学校5校)を贈ります。
選外となった全作品に、努力を称える「佳作」の賞状を贈ります。

<結果発表>
平成30年1月の山陰中央新報紙上で発表します。

<その他>
・参加者全員に「参加賞」を贈呈します。
・ご応募いただいた作品の返却は、原則しません。
・応募作品の著作権は主催者に属し、山陰中央新報社が発行する新聞、ホームページに掲載するほか、優秀作品は島根県内で開催する作品展で公開します。
・ご応募いただいた個人情報は山陰中央新報社が厳重に管理します。当コンクールの運営に関する目的にのみ使用し、第三者には開示しません。

・主 催 山陰中央新報社
・共 催 山陰中央新報会
・後 援 島根県、島根県教育委員会、松江市教育委員会、安来市教育委員会、出雲市教育委員会、雲南市教育委員会、奥出雲町教育委員会、飯南町教育委員会、浜田市教育委員会、大田市教育委員会、江津市教育委員会、川本町教育委員会、美郷町教育委員会、邑南町教育委員会、益田市教育委員会、津和野町教育委員会、吉賀町教育委員会、海士町教育委員会、西ノ島町教育委員会、知夫村教育委員会、隠岐の島町教育委員会、島根県小学校長会、島根県中学校長会、島根県特別支援学校長会、島根県私立中学高等学校連盟、島根県教育研究会、島根県特別支援学校教育研究会、島根県PTA連合会、島根県特別支援学校PTA連合会、島根県私立中学高等学校PTA連合会 (順不同)
・協  賛 イオンリテール株式会社