facebook

twitter

プレゼント情報

奥田元宋・小由女美術館 安野光雅展 -花と歌、文学の絵本から-招待券ペア5組10名様

締切:2018年8月26日(日)締切

プレゼント

安野光雅『繪本 仮名手本忠臣蔵』より〈十一段目〉「討入りの場」©空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館 安野光雅『繪本 仮名手本忠臣蔵』より〈十一段目〉「討入りの場」©空想工房
画像提供:津和野町立安野光雅美術館

奥田元宋・小由女美術館「安野光雅展 -花と歌、文学の絵本から-」の招待券をペア5組10名様にプレゼント!

 

独特のユーモアと想像力、繊細な画風で知られる、画家・安野光雅。大正15(1926)年に島根県津和野町に生まれ、終戦後に美術教師として上京。教職の傍ら、書籍の装丁や教科書編纂にも携わり、画家として精力的に活動を続けます。昭和43(1968)年に絵本「ふしぎなえ」を出版し絵本作家としてもデビュー。独創的な絵本の数々を手がけ国際的にも高い評価を得ており、92歳を迎えた現在も作品を生み出し続けています。
本展は平成13(2001)年に故郷の津和野に開館した津和野町立安野光雅美術館の協力を得て、素朴な草花や懐かしい童謡をテーマに描いた作品などの親しみやすいシリーズから、シェイクスピアや忠臣蔵といった文学をテーマとした作品など約100点を展示し、その魅力を幅広くご紹介します。

 

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

【場所】奥田元宋・小由女美術館(広島県三次市東酒屋町10453-6)
【会期】2018年8月30日(木)~10月8日(月・祝)
【開館時間】9時半から17時まで
※9月24日(月・休)・9月25日(火)は21時まで延長
※入館は閉館の30分前まで
※会期中の休館日 9月12日(水)(期間日数40日間/開館日数39日間)
【入館料】一般1,000(900)円/ペアチケット1,800円/高・大生500(400)円
中学生以下無料/( )内は20名以上の団体及び前売り/ペアチケットは一般男女ペアが
対象/身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧無料
【電話番号】0824-65-0010

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

☆詳しくはこちら↓

【公式サイト】奥田元宋・小由女美術館

【さんさんクラブ協賛店情報】奥田元宋・小由女美術館

 

 

 

賞品
奥田元宋・小由女美術館 安野光雅展 -花と歌、文学の絵本から- 招待券ペア5組10名様
当選者数
5組10名様
応募締切
2018年8月26日(日)締切
応募方法
下記応募フォームまたははがきで受け付け。

はがきの場合、必要事項を記入し下記までお送りください。
[あて先]
〒690-8668 松江市殿町383 山陰中央ビル1階
 山陰中央新報さんさんクラブ事務局 「プレゼント係」
[必要事項] 郵便番号、住所、氏名、電話番号、生年月日、会員番号、希望プレゼント名
※会員カードが届いていない方でも、お申込み済みの方なら応募できます。
※お一人様一回の応募に限らせていただきます。
当選発表
抽選の上、賞品の発送をもって発表に代えさせていただきます。
また、さんさんクラブホームページ上で会員番号にて発表します。
注意事項
プレゼントにご応募されたメールアドレスは、メールマガジンの配信先に登録させていただきます。

この情報を共有する!

協賛店ピックアップ

協賛店一覧

本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。すべての著作権は山陰中央新報社に帰属します。